私たちは、高齢者が就業を通じ、生きがいを高め、活力ある地域社会づくりに貢献する団体です。


高齢者の経験・知識を地域社会に生かす公益法人です。お気軽にお問合せください。

あいさつ

 日頃から当センターの事業運営に、格別のご理解とご協力を賜り、心から感謝申し上げます。  当センターは、九州で2番目、全国的にもいち早く、昭和56年10月に会員数268人でスタートし、本年10月に設立40周年を迎えました。  これまでに1万6千人を超える方が新規に入会し、ここ数年の女性会員の増もあり、令和元年度に4千人を超えるなど順調に発展してきています。  コロナ禍で多くの参加が厳しい中、下鶴鹿児島市長や川越鹿児島市議会議長のご臨席のもと、設立40周年記念式典を規模や時間を縮小し、10月14日に開催することができました。関係者の皆様に改めまして感謝申し上げます。  また、長年にわたり当センターの発展に貢献していただき、この度表彰を受賞された皆様におかれましては、今後とも健康に留意され、ご活躍されることをお祈り申し上げます。  センターを取り巻く環境は、人口減少、少子高齢化など年々厳しい状況にありますが、地域の経済活力を維持するためには、これまで以上に、経験豊かな高年齢者が地域社会を支える一端を担うことが期待されており、地域での就業を通じて会員の生きがいと地域のニーズを結ぶお手伝いをしているシルバー人材センターの果たす役割は益々重要となってきています。  令和2年からは新型コロナウイルスという見えない敵にも悩まされてきていますが、今後とも会員皆様の安心・安全・健康を第1に、次の節目である50周年に向けて、1歩1歩着実に前進し、地域から頼られる「まちのシルバー人材センター」を目指していきたいと考えております。

令和3年10月吉日公益社団法人 鹿児島市シルバー人材センター理事長 柿元 孝志

鹿児島市シルバー人材センターのご案内