高齢者の経験・知識を地域社会に生かす公益法人です。お気軽にお問合せください。

公益社団法人鹿児島市シルバー人材センターのご案内ABOUT

  • ホーム
  • 公益社団法人鹿児島市シルバー人材センターのご案内

ごあいさつ

 当センターは、昭和56年に設立以来36年目を迎え、県内34センターの牽引役として先導的役割を果たしており、九州でも有数の組織として成長してきております。
 このような中、平成28年度の事業実績は、契約金額が11億2千6百万円で、対前年度比20%の増となり、初めて10億円を超える実績を示すことができました。また、組織の基盤をなす会員数は、3,050人と449人の増となり、いずれも過去最高の結果となりました。

 このことは、当センターの様々な取り組みが功を奏し、その存在が市民に浸透してきたことを示すものであり、地域に受け入れられてきた証であると考えております。また、会員が日々の就業において、豊富な経験・知識・技能を活かし、誠実に熱心に取り組んだ成果であり、事業主や地域住民から高い評価と信頼を得て、地域になくてはならない存在になっているとことを表しているものと理解しております。まさに、シルバーパワー全開です。

 我が国においては、人口減少、少子高齢化の進展を受け、高齢者人口は増加する一方で、働く現役世代は減少しており、一億総活躍社会や生涯現役社会の実現を図るためには、高年齢者の就労促進は、その取り組みの中核をなすものです。私どもはシルバー事業を通して、これまで育てられてきた地域や社会を支える一端を担いたいと考えております。

 鹿児島市の人口、約60万人の内、60歳以上の高年齢者が19万6千人と、シルバー世代が3人に1人を占めるようになった現在、シルバー人材センターは、高年齢者の「居場所」と「出番」をつくり、地域社会の支え手としての活動に取り組む唯一の公益法人として、その果たす役割は益々重要になってきております。
 このような中、当センターは、「高年齢者が第二の人生を生き生きと活躍できる舞台づくり」を提供することを使命として、事業展開を図ると共に、就業以外の「楽しみづくり」や「仲間づくりなどの会員交流の強化」の充実に取り組んでおります。
 今後も、発注者の皆様や関係各位の一層のご支援・ご協力を得ながら、シルバー人材センターの基本理念である「自主・自立、共働・共助」の理念の元、力を合わせて事業の推進と活性化に努めてまいりたいと考えております。

 年はシルバーだけど、心意気はゴールドです。
 これまでも これからも、地域を 社会を支えていきましょう。

 「今さら」を「今から」へ。
 「今こそ」シルバー人材センターへ。

 あなたの入会をお待ちしております。
 また、当センターの会員は、皆様の要望に応え、まごころを込めて様々な仕事をさせていただきますので、是非一度活用していただくようお願いします。

平成29年6月吉日 公益社団法人 鹿児島市シルバー人材センター
理事長 藤山 幸一

シルバー人材センターとは

鹿児島市シルバー人材センターは、高齢者が就業を通じ、生きがいを高め、活力ある地域社会づくりに貢献する営利を目的としない公益法人です。
豊かな経験と能力を備えた会員が皆様のお手伝いをいたします。

目的・趣旨

シルバー人材センターは、高齢者の経験や能力を生かせる、短期的な就業又は軽易な業務で高齢者にふさわしい仕事を、公共機関や民間企業及び一般家庭等から受注し、会員に提供する団体です。
高齢者が仕事を通じて社会参加することによって、自らの健康や生きがいの充実を図り、地域社会の発展に寄与することを目的としています。

基本理念

自主・自立、共働・共助

「自主・自立、共働・共助」は、シルバー人材センター事業の基本理念です。

自主・自立とは、会員自らが検討し、目標をたて、課題や問題点を解決する等、会員が主役でセンターの経営に当たることです。

共働・共助とは、会員が相互に協力し助け合いながら、仲良く公平に適正な就業をすることです。また会員自身が、会員の就業環境の整備をすすめるということを基本としています。

法人概要

名称 公益社団法人 鹿児島市シルバー人材センター
本部 〒890-0061 鹿児島県鹿児島市天保山町1番1号
※各支部へのアクセスはこちらから
電話番号 099-252-4661
FAX番号 099-258-7554
営業時間 営業:平日(8時30分~17時15分)
休日:土日祝日、年末年始
代表者 理事長 藤山 幸一
設立年月日 昭和56年10月13日 設立
昭和56年10月22日 認可
会員数 3,241人(男性:2,054人 女性:1,187人)
平均年齢 71.2歳(男性:71.5歳/女性:70.6歳)
(平成30年3月31日現在)

歴史・沿革

社団法人鹿児島市シルバー人材センターは、昭和56年10月13日、268名の会員で、九州では二番目のセンターとして設立しました。(昭和56年10月22日認可)

以来、年々発展の一途をたどり、平成17年4月1日に近隣旧5町(吉田町・桜島町・喜入町・松元町・郡山町)のシルバー人材センターと統合し、平成23年10月には、設立30周年を迎えました。

平成24年4月1日に、公益社団法人鹿児島市シルバー人材センターとして新たな一歩を歩み出しています。

年月日 沿革
昭和56年10月13日 設立 会員数268名 設立総会(県産業会館)
昭和56年10月22日 民法上の社団法人鹿児島市シルバー人材センターとして許可
平成4年1月20日 設立10周年記念式典(中央公民館)
平成13年10月20日 設立20周年記念式典(市民文化ホール)
平成17年4月 統合(1市5町)
平成24年3月 設立30周年記念式典(市民文化ホール)
平成24年4月 公益社団法人鹿児島市シルバー人材センターへ移行

シルバー人材センターの組織図

組織図(平成30年4月1日現在)

組織図(平成28年4月1日現在)

情報公開

  平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度
事業報告 PDF PDF PDF -
事業計画 - PDF PDF PDF
収支予算 - PDF PDF PDF
資金調達及び設備投資の見込みについて - PDF PDF PDF
正味財産増減計算書 PDF PDF PDF -
監査報告 PDF PDF PDF -

プライバシーポリシー

広報

鹿児島市シルバー人材センターでは、4月と10月の年2回、会報「かごしまシルバーだより」を発行し、会員の皆様にお届けしています。また、年4回発行している「天保山」では、会員の皆さまへの身近なニュース、催し物などをご紹介しています。

かごしまシルバーだより

天保山

ページトップへ戻る